×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

〜運用と活躍・JR宝塚線〜



福知山線の花形運用とも言える新三田発着の8連快速にA編成(8両編成)は充当されます。


B編成による丹波路快速運用。休日の1本目に充当されます。
現在、宝塚線での221系運用は新三田発着快速のA編成4往復と、B編成の2往復のみとなりました。


B編成による快速運用。大阪〜篠山口間1往復の運用です。


平日には8連快速の1往復が篠山口発着となり、送り込みを兼ね普通/篠山口行き運用が存在します。
宝塚線221系運用で唯一塚口、猪名寺、北伊丹、生瀬、武田尾、道場に停車します。


休日ダイヤでは最終の丹波路快速/篠山口行きにA編成が充当されます。
この後大阪行き快速として折り返します。


福知山線快速は全列車が尼崎〜大阪間外側線を走行します。


2008年6月まで見られたC編成による快速運用。福知山行きも存在しました。


C編成の代表的な運用だった丹波路快速運用。ほぼ全運用で活躍していました。
2008年3月から6月までの間は宮原総合運転所に一部の編成が貸し出され、丹波路快速/快速の運用に専属で使用されました。


一部の丹波路快速・快速は4+4両運用が存在しました。


一時期検査入場の都合で京都総合運転所からの貸し出しも存在しました。
K6編成(C4編成)の貴重な丹波路快速運用シーン。



トップページへ戻る